カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

長襦袢のお仕立あがり寸法表


◆初めて、長襦袢のお仕立をされる方の目安として作ったS/M/Lサイズです。

●≪裄(ゆき)≫について・・・
通常長襦袢の≪裄≫は、着物の≪裄≫寸法から2〜3分(ぶ)<約8ミリ〜1cm>ほど控えてお仕立します。
(お店によって異なります)

わたくしども「浮世絵小町」では、3〜5分(ぶ)<約1〜2cm>ほど控えてお仕立いたします。

それには理由があります。

あまり着物と長襦袢の≪裄≫の差が無い場合、現実にはかなりの確率で、ちょっと動いただけで
着物の袖口から襦袢袖が「こんにちは!」と出てきてしまいます。
そうなると、気になって着物生活が楽しめません。

「袖から襦袢が出てこない」というのは、着物を楽しむ上で当然ながら重要です。
着物で日常の動きができることが理想です。


■Sサイズの方は着物の≪裄≫を63〜64cmに想定しております。

■Mサイズの方は着物の≪裄≫を65〜66cmに想定しております。

■Lサイズの方は着物の≪裄≫を67〜68cmに想定しております。

これは、あくまでS/M/Lに分けた場合です。
お客様から寸法のお申出があれば、そのようにお仕立ていたします。

本来オーダーメイドでお仕立てを承っておりますので、たとえば「着物に合うように襦袢を誂えたい」
のご希望にも沿うことが可能です。
お手元の着物をお送りください。採寸いたします。

大切なご注文をきちんとお仕立して形にするためです。
ご希望がございましたらメール、お電話ください。
是非、お待ちしております。





ページトップへ